小学生 夏休み 留守番 危険

小学生の夏休みの留守番は危険!?

子供が小学生になると夏休みがあり、子供を1人でお留守番させるという家庭が多くあるのではないでしょうか。

親が共働きをしている家庭だと、どうしても子供1人で留守番させてしまうことが結構あるかと思いますが、子供だけで1人で留守番をさせるということは、とても危険があるのです。

もちろん全ての家庭が子供1人で留守番をさせている訳ではないと思いますし、学童などもあるため、学童を利用している家庭もあります。 ですが学童を利用しないで、留守番させている家庭の方が結構多いとのことです。

そして子供1人で留守番をするのは、高学年になればなるほど多くなっていき、学童を利用している子供のほとんどが低学年までの子供なのです。

夏休みに子供とずっと一緒にいてあげられるのが1番ではありますが、「子供が夏休みだから」と言って、仕事を休むわけにはいきませんし、友達に毎日預けるというのも、迷惑ですし負担がかかってしまうので無理ですから、留守番をさせるのは仕方ないことなのかもしれません。

また祖父母に預けるという手もありますが、それは祖父母が近くに住んでいる人だけが出来ることで、近くに住んでいないのであれば、なかなか預けることは出来ないと思いますので、自然と留守番をしてもらうことが多くなってしまうのです。

このように夏休みに子供が1人で留守番をしていることが増えてきていることから、1人で留守番をしている子供を狙っている悪い大人も増えてきているため、とても危険なのです。

1人で留守番をしていると、どうしてそのような危険が引き起ってしまうのかというと、悪い大人は水道局員・電気業者などに装って、鍵を開けさせるという手口を使ってくるからなのです。

そして子供というのは、このような人達が来ると、親の代わりに話を聞こうと思ってしまいますし、業者などと言われると安心してしまって鍵を開けてしまうのです。

またインターホンで「今親がいません」などと言ってしまうと、逆にもっと狙われてしまうことになるので、とても危険なのです。

親との約束で、「誰かが来ても絶対鍵を開けてはいけない」と約束したとしても、鍵を開けなければインターホンには出ても大丈夫だと思ってしまい、業者だと安心してしまうことが多くあるのです。

また何でも留守番することによって、留守番に慣れてくると、もっと開けてしまう可能性が高くなってしまいます。 そうなってしまうと、やはり危険に合ってしまうことになりかねませんから、子供を1人で留守番をさせる時には、あらかじめ子供と一緒に最低限のルールを決めておいた方が安心ではないでしょうか。

ルールの例としていくつかあげます。
・誰かが来ても絶対に鍵をあけてはいけない
・きめられた電話にしか出ない
・火を使わない
・困ったことがある時は、決められて人の家に行く
・何かがあったら、親に電話をかける
・インターホンには出ない
・出かける時は、鍵をカバンにしっかり入れる
・留守番中であることをむやみに言わない
・友達を呼ばない



これらのルール例がありますが、家庭によってルールが異なってくると思うので、各家庭で最低限のルールを決めていくといいと思います。

また決めても忘れてしまう可能性がありますから、紙に書いて、子供がいつも目にすることが出来る所に貼っておくと、忘れずにルールをしっかり守ることが出来るのではないでしょうか。

またお出かけをする時には、鍵をカバンに入れると書きましたが、悪い大人が子供が鍵を持っているのを目にすると、留守番していることがわかってしまうので、狙われてしまいますからしっかりカバンに入れるか、見えないようにポケットに入れておくといいでしょう。

また仕事によっては、子供の電話に出ることが出来ないかもしれませんが、なるべく出られるようにしてあげると、子供も親の声を聞くことが出来て安心できると思います。

1人で留守番をするということは、とても心細く、不安に感じていると思います。 また現在は家庭に固定電話を置かないという家庭もあるので、携帯を持たせているのであれば、休憩中に電話をしてあげると、少しは安心することが出来るのではないでしょうか。


そしてルールを決めたら、子供に留守番をしているときには、どのような危険があるのかもしっかり話をしてあげることと、ルールを守らなくてはいけないということを話しておきましょう。 そういったこともしっかり話してあげることで、子供は少し理解をしてきっとルールを守ってくれるようになるのではないでしょうか。

親も子供を1人で留守番をさせることは心配かもしれませんが、仕事なのでどうしても留守番させなくてはいけないということがあると思います。 そのような時に、自分の子供が危ない目に合わないように、しっかり対策をしなくてはいけません。 子供を守れるのは、やはり親だと思いますから、しっかり対策をして、子供を危険から守ってあげてください。

↑ PAGE TOP