小学生 夏休み 過ごし方

小学生の夏休みの過ごし方について

夏休みは長いお休みなので、子供達はすごく楽しみにしていますが、親の私達からしたら、長く感じてしまうと思いませんか? また小学校がお休みなので、生活のリズムも崩れてしまい、大変になってしまうなんてこともあると思います。 ですが、普段子供につきっきりでいることが出来ないため、夏休みを使い、旅行やお出かけをして家族で楽しもうと考えている家庭もとても多いと思います。 そして宿題もたくさん出ると思いますが、初めに終わらせているという子供は良いですが、最後になって終わらなくて焦っているという子供もいると思います。 なので、どのように夏休みを過ごせば、最後まで楽しく過ごすことが出来るのかを見ていきましょう。

●1つ目は、夏休みの計画を立てることです。
やはり最初は夏休みの計画を立てることから始めた方が良いかと思います。 学校によっては、学校で作っている場合もありますが、家族旅行などの計画が組み込まれていないため、学校で作った物だと予定がずれてしまうことが多くあります。 なので、家庭で1から考えた方が良いでしょう。 そうすることで、子供自身でその日に何をしなくてはいけないのかを把握することが出来ますし、親御さんも子供が何をするのか把握することが出来ると思います。 また1日の終わりに、計画していたことが出来たのかを親御さんが毎日確認してあげると、出来ていなかった時に予定を調整することが出来るので、最後に大変になることが無くなると思います。 また親御さんは、家族旅行・お出かけなどを計画している人が多いと思いますが、計画する時は、予定を入れすぎず、子供のことをしっかり考えながら計画を立てるようにしてください。 しっかり考えてあげないと、計画がハードすぎて子供が疲れてしまい、体調を崩してしまう可能性がありますから、しっかり考えてあげるようにしましょう。

●2つ目は、勉強をする時間をしっかり決めることです。
スケジュールを立てても、やはり勉強を後回しにしてしまいがちになってしまう子供がいると思います。 そういったことが無くなるために、勉強をする時間をしっかり決めることで、集中して勉強に取り組むことが出来ると思います。 何時にするかは、子供次第ではありますが、涼しい午前中に勉強を終わらせてしまえば、あとは自分がやりたいことや、遊ぶことが出来ると思います。 またしっかり自分で時間を決めて勉強をすることで、親御さんから「勉強しなさい」と言われることもなくなっていいと思います。 私も経験がありますが、「勉強しなさい」としないのが悪いのはわかりますが、言われるのって嫌なものですよね・・・

●3つ目は、体を動かすことです。
夏は毎日暑く、ついついダラダラしてしまいがちではありますが、ずっとダラダラしていると、熱中症などになってしまう可能性がありますから、適度に体を動かすようにさせたほうが良いでしょう。 また体を動かして遊ぶことで、ストレス発散にもなりますし、たくさん体を動かすことで疲れるので、夜しっかり寝ることが出来ると思います。 最近の子供は、ゲームばかりやっていて、体を動かすことが無くなっていますが、しっかり体を動かした方が良いです。 市民プールなどに行って遊んでもいいと思いますし、親御さんと一緒に何かスポーツをしてもいいかと思います。 暑い中で体を動かすので、帽子をしっかりかぶり、水筒を持って行くのを忘れないでください。 そして遊びに夢中になってしまうかもしれませんが、こまめに水分補給をして、熱中症などにならないように注意してください。

●4つ目は、寝る前にゲームやスマホをいじらないことです。
寝る前にブルーライトを見てしまうと、眠れなくなってしまいます。 またゲームやスマホをいじってしまうと、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が低下してしまうので、就寝時間の2時間前にはいじるのをやめましょう。 お部屋に持って行かせると絶対にいじってしまうので、リビングに置くようにさせたほおうがいいでしょう。

●5つ目は、寝る時間をしっかり決めることです。
夏休みは、お休みがないのでついつい夜更かししてしまいますが、これは良くありませんので、しっかり寝る時間を決めて、毎日決めた時間に寝るようにするといいでしょう。 夜更かしをしてしまうとそれが癖になって寝不足になり、せっかく計画を立てたのに、予定が崩れてしまう可能性もありますから、夜更かしはやめ、早寝早起きを心がけましょう。

このようなことをしっかりやっていれば、夏休みを最後まで楽しく過ごすことができるのではないでしょうか。

長いお休みがあると子供はどうしても夜更かしをしてしまったりと、生活リズムが崩れてしまいますが、夏休みの計画を立てることや、寝る時間をしっかり決めることで、生活リズムが崩れにくくなると思うので、しっかり計画を立て、夏休みを楽しみながら、規則正しい生活を送るようにしてみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP