夏休み 宿題 早く 終わる

夏休みの宿題は早く終わらせておこう!

夏休みの宿題は早く終わらせておこう!

皆さんは夏休みの宿題を初めに終わらせていますか?それとも最後になって焦ってやりはじめますか? 夏休みというのは、休みの期間が長いので子供からしたらすごく楽しみなお休みだと思います。

ですが、宿題もたくさん出されて、宿題をやろうとしても、どうしても宿題をあと回しにしてしまい、夏休みの最後の方になって「宿題が終わらない~」と焦ってしまう子供が多いのではないでしょか。 私も経験があり、最後の方でやっていいましたが、そうではなく、やはり早めに終わらせておけば、最後まで夏休みを楽しむことが出来ると思うので、宿題は出来るだけ早めに終わらせておくのがおすすめです。

ではどのようにしていけば宿題を早く終わらせることが出来るのかを見ていきましょう。
1つ目は、どの宿題から手をつけていくかを決めましょう。
夏休みは、休みが長いのでたくさんの宿題が出されます。 そのため、自分が手を付けやすい宿題はどれなのかを考えてみるといいでしょう。 またドリル系の宿題は、たくさん出されると思うので、そういった物から早めに終わらせるようにしたほうが、あとあと楽になると思いますので、後回しにしない方がいいでしょう。 ドリルのようにたくさん宿題が出ている物や、1度で終わらせることが出来ない宿題は、夏休みの初めの方に終わらせるのがおすすめです。 また宿題をするのをどうしても後回しにしてしまう傾向がありますが、そうならないために宿題をする時間をしっかり決めておくと早く終わらせることが出来ると思います。 暑いどうしてもやる気にならなくて、ダラダラしてしまうと思うので、涼しい午前中に宿題を終わらせるようにして、終わった後は自分の好きなことをして楽しめるようにしたほうが良いでしょう。 また時間をしっかり決めていれば、集中して宿題に取り組むことが出来ると思うので、時間を決めましょう。 小学生のうちからこのようなことをしっかり決めて、宿題に取り組む癖をつけてあけば、中学生・高校生になってからでも、宿題を早めに終わらせるようになり、夏休みを楽しむことが出来ると思います。

2つ目は、宿題をする場所を考えましょう。
夏休みは宿題を多く出されるので、同じ場所で宿題をしていると、どうしても飽きてしまいます。なので飽きずに早く終わらせられるために宿題をする場所を適度に考えてみるといいのではないでしょうか。 普段みなさんは、どこで宿題をしていいますか? 自分の部屋の机でやっているという子供が多いかもしれません。 もしも自分の部屋でやっているという子供であれば、宿題をやる時には、机の上に余計な物を置かずに、宿題だけを置き、取り組むようにしましょう。 他の物があると、それに気を取られて宿題がはかどらないことが多いです。 また毎日机で宿題をしていると、飽きてしまうと思うので、気分転換にリビングでやったりと場所を考えてみるといいでしょう。そして母親がいる近くで、宿題を行うのもサボらずに出来ていいと思います。 その他にも図書館に行って宿題をやってみるのもいいのではないでしょうか。 実際に図書館で勉強している人も結構多くいると思いますし、図書館は静かにしなくてはいけない所なので、何にも邪魔されず集中して宿題を行うことが出来ると思います。 集中してやることで、宿題もはかどると思うので、おすすめです。 また中には、「場所を変えるなら、友達を一緒にやってもいいのでは」とか「友達とやったほうがわからない所を教え合える」と考える人がいるかもしれませんが、友達と一緒に宿題をよろうとすると、どうしても集中出来ず、話し始めたり、遊んでしまって、宿題がなかなか進まないということが多くありため、早く終わらせたいと思うのであれば、友達と宿題をするのはおすすめ出来ません。

このようにしていくことで、宿題を早く終わらせることが出来るのではないでしょうか。 また一気に終わらせようと考えても、うまくいかないことが多いと思うので、どこまでやるかを初めにしっかり決めて進めていくとうまくいくと思います。 そして先ほどもいましたが、午前のうちに宿題を終わらせずに後回して、遊んだりしてしまうと、結局疲れてやらなくなってしまったり、明日でいいやと思ってしまう子供が多いので、午前中に終わらせてから、遊んだりするようにしましょう。 早めに終わらせれば、夏休みが終わる直前になっても、焦ることはありませんし、最後まで気兼ねなく楽しむことが出来ますが、最後まで宿題をやらないで残しておくと、「終わらない~」と焦ってしまいますし、あとでそのように思ってしまっても手遅れなのです。 そうすると夏休み最後は楽しくないですよね? せっかく楽しんだのに、最後に宿題をやらなくてはいけないと、楽しかったことがなかったことになってしまうと思うので、そのようなことにならないためにも、早めに終わらせてみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP